@やまP's Blog

ゆっくりしていってね。

2020年版 プログラミング【オススメの勉強方法】

最近、マナブログさんのYouTubeやブログをみて、プログラミング勉強を始めた方、多いのではないでしょうか。

 

YouTubeをみた人やブログをみた人に共通しているワードは『副業でお金が欲しい。』

 

ただ単に「プログラミングスキルを身に付けたい」なんて人はごく少数で、最終的に勉強したことを活かしてお金に変えるための手段プログラミングであり、いかにして効率よくスキルを身に着けるか、最短で収益を得る為にはどんな教材で学べばいいのかを徹底解説していきたいと思います。

 

 





【プログラミングの学習方法基礎】

まずはじめにプログラミングの学習方法ですが、「①基礎を学ぶ(インプット)→②実際にコードを書いて、サンプルサイトを作る(アウトプット)」の繰り返しです。

これは何に関しても言える事ですが、覚えた知識は、どんどん使わないとスキルとして身につきません。ある程度基礎を理解したらそれを形にしてみましょう。きっとエラーが起るはずです。エラーを解決するにはコードの見直しだけじゃなく、書いたコードがどのように処理されているのかをチェックする必要があるので、問題解決力も養われます。

 

初心者でもオススメのローカルプログラミング開発環境はこちら↓

【無料でダウンロード】Visual-studio-code

【無料でダウンロード】アトム

 どちらか一つダウンロードすればOKです。

 

【2020年版 オススメプログラミング学習 教材】

独学で勉強したい(費用を抑えたい人向け)
  1. 動画学習
  2. 学習サイト
  3. 参考書
【1】隙間時間でOK動画でプログラミングを勉強

ドットインストール

全部で300以上ものレッスンが出来て、動画も3分前後なので、通勤中や隙間時間での学習が可能です。注意する点は、専門用語が多いのと動画が3分程度にまとめられていて、説明が早いので、わからない箇所は巻き戻しながら理解していくと言うところです。

【2】初心者に超絶オススメ。プログラミング学習サイト

Progate

スライド式でわかりやすく、初心者には鉄板の学習サイトです。勉強したことを実践する課題も用意されていたり、自分の成長をレベルで実感。SNSとの連携もできるので、プログラミング仲間の繋がりができる事も。注意点は問題集を解いてる感覚でスラスラできるが故に、理解した気になりやすいところです。

勉強方法として例えば、レッスンで<header></header>についての学習をしたらローカル環境で実際に<header></header>を作成してみるなど、インプットだけじゃなくてアウトプットとのバランスを考えて学習していくのが、効率の良い学習方法です。

【3】自分の学びたいイメージで学べる参考書

参考書を使うメリットは、例えばHTML/CSSの参考書ならその本で紹介してるサイトを自分で作れるという点です。動画教材やウェブ学習では基礎を学ぶ為、基本的なレイアウトしかレッスンにない場合が多いですが、参考書は書店で手に取って選ぶ事ができるので、自分の学びたいことや、基礎では習えないオシャレなサイトの作り方などを学習できるというポイントがあります。注意点として、発行日が古い本はコードを丸写ししても、プログラムが正しく作動しない可能性があるので、なるべく新しい物を買うようにしましょう。

【スクールに通ってプロに教わりたい】

貯金に余裕のある人や、時間を決めて自主的に勉強するのが苦手なタイプの人は、スクールで学習するのをオススメします。プロの講師が教えてくれるので、独学で躓いた時にいつまでも解決できないモチベーションの低下を防いだり、スクールによってはその後の就職先までサポートしてくれるサービスや授業の無料体験もあるので、「一人でやっていくのは不安」と感じる方にオススメです。オススメのプログラミングスクールはこちらです。

【TechAcademy】

業界NO.1のプログラミングスクールで、こんな人にオススメです!

・過去にプログラミングやWebデザインを勉強して挫折した方
・スキルを習得して、就職/転職を目指す方
・今後フリーランスとして働きたい方
・非エンジニアで今の仕事にプログラミングやWebデザインのスキルを活かしたい方

【テックアカデミーを選ぶメリット】

・自宅にいながらオンライン完結で勉強できる
・受講生に1人ずつ現役のプロのパーソナルメンターがつく
・チャットで質問すればすぐに回答が返ってくる
・オリジナルサービスやオリジナルアプリなどの開発までサポート

親切な現役プロのサポートで短期間で成長できます。【無料体験はこちらをクリック】

 

【副業で稼げるオススメの言語は?】

ズバリ「Web系の言語」です。 これはマナブログさんでも紹介されているようにシンプルに稼ぎやすいからです。ちなみにWeb系の言語とは、「HTML/CSS/PHP/JavaScript/Ruby」などです。

稼ぎやすいと言うのは、ランサーズやクラウドワークスのようなクラウドソーシングで案件が多く、報酬も1万〜2万円の案件が多い事から、お小遣い稼ぎに適しているからです。

プログラミング学習を始める際に、目標設定として「月1万稼ぐ」とした場合のモチベーションも比較的簡単な言語を選ぶ事で維持しやすいのもWeb系言語を選ぶメリットになります。 

【最後に(挫折しない為には)】

プログラミングを学ぶ際に大事なのは、「①自分に合った目標設定、②何でプログラミングを勉強するのか」

この2点を日常生活で意識しておく事です。プログラミングは挫折率が9割と言われていますが、そのほとんどが高い目標設定と自分のスキルの差に嫌気がさしたり、間違った学習方による「やってるのにいつまでも上達しない」などの自分を客観的に捉えられずに落胆していくパターンです。

今は、SNSで検索すると同じような悩みを持った初心者プログラマーが大勢いるので、ライバル、仲間のような意識で少しづつスキルを磨いていきましょう!

 

この記事を最後まで読んで頂いてありがとうございました。