@やまP's Blog

ゆっくりしていってね。

川崎希を誹謗中傷した女2人の逮捕について【『気持ち悪い』もアウト?】

ネット掲示板でタレントの川崎希さんを誹謗中傷する内容の書き込みをした疑いで女性二人が書類送検されたのをご存知でしょうか。

侮辱容疑で書類送検された二人は山形県大阪府在住の互いに面識のない主婦で、二人は「気持ち悪い」などの川崎希さんを侮辱する内容を母親同士が情報を交換するインターネットの掲示板に書き込んだ疑いで書類送検され、両方とも容疑を認めているそうです。

正直、「気落ち悪い」たったこれだけの書き込みで書類送検されるの?と思う方もいますよね?

SNSが普及し個人の意見が大勢の目に触れるのが当たり前の時代、名誉毀損や侮辱罪について簡単にまとめたので、掲示板やSNSにコメントする前にぜひ一度この記事に目を通してみてください。

誹謗中傷どこからがアウト?

ネットで誰かの悪口を書き込むとそれは、名誉毀損や侮辱罪として成立する可能性があります。

以下ではそれぞれの事例や特徴を解説していきます。

名誉毀損

名誉毀損とは事実を摘示することによって相手の社会的評価を低下させることを指します。

よくある例として、虚偽の事実を提示して相手を陥れる行為があります。

「〇〇さんは経費を私用している」

「〇〇は前科者だ」

「〇〇は不倫をしている」

など事実とは違う内容をネットで不特定多数の人に公開して、その人の名誉を傷つける行為のことですが、指摘した内容が事実であった場合でも結果的に相手の社会的地位を低下させる行為は名誉毀損にあたります。

侮辱罪

侮辱罪とは事実を摘示しないで相手方を侮辱する発言をした場合にも法的責任が発生し、この場合、刑法上の「侮辱罪」が成立します。

名誉毀損が事実の摘示であることに対して侮辱罪では事実を摘示しないという点があります。

ネットで見ず知らずの人に、汚い言葉で罵倒するような行為で、

「〇〇はカス」

「〇〇は気持ち悪い」

「〇〇は臭い」

などの発言があてはまります。

今回、川崎希さんを誹謗中傷した主婦の書き込みもこれにあてはまりますね。

 自分の書き込みが特定されるまでの流れ

ではどうやってネット上の匿名コメントが特定されるのかというと

  1. コメントをされたネットサービスの管理者からコメントをした人物の接続情報を開示する。
  2. インターネット回線を提供している業者に個人情報の開示を要求する。

このような流れになっています。

例えばTwitterで匿名コメントを特定したい場合、匿名コメントをしたユーザーのIPアドレスの開示をTwitterに要求します。

IPアドレスの開示に成功したら、どのインターネット接続サービスを利用しているのかがわかるので、IPアドレスから「フレッツ」「So-net」などプロパイダ業者に登録している個人情報を開示してもらい、匿名コメントをしたユーザーを特定するということです。

しかし、個人情報の開示は「権利の侵害」が明らかである時だけに認められるので、誰でも簡単にできるというわけではありません。

 軽い気持ちで誹謗中傷するのは危険!

今や様々なSNSが広まり、誰でも簡単にネットに書き込める時代ですが、安易な気持ちで誹謗中傷をすると警察に逮捕され罰を受けるおそれがあります。

匿名でコメントを書きやすい分、自分の発言には責任を持ちましょう。

ネットで誹謗中傷された こんな時どうする?

  • 匿名掲示板で個人情報を流出された
  • SNSやブログで誹謗中傷されている
  • 会社やお店のデマで風評被害を受けている
  • 書き込みした人物を特定したい

もし上記のようなネットやSNSでの誹謗中傷で悩んでいる方がいたら、自分で解決しようとするのではなく、弁護士に相談しましょう。

その中でもネット誹謗中傷が得意な弁護士に相談することで、早期のお悩み解決を実現できるかもしれません。 

さいごに

この記事ではネットの誹謗中傷について知っておきたいことを簡単にまとめました。

自分のなにげない一言が、相手を苦しめたり罪に問われる可能性があるので、ネットで発言する際には十分に注意しましょう。

最後まで読んで頂いてありがとうございました。